参考知識

エンディングノートを書いてないと相続人が困ります。

皆さん、こんにちは!

 

理事のファイナンシャルプランナーの松本です。

 

今回はエンディングノートの重要性について

書いていきます。

 

エンディングノートというのは

ご自身の財産目録や意向、遺された

遺族に向けた思いをまとめたノートです。

 

なんとなくエンディングノートは生前に書かないとなぁ

と思っている方がいるかもしれませんが

 

生前のうちにエンディングノートを記載すること

必須です。

 

なぜかというとエンディングノートを書いていないと

財産の内容が分からず

亡くなった時に相続人がその財産を承認するか放棄するかの

判断ができません。

 

 

例えば、被相続人(亡くなった本人)が

定期預金100万円あり

事業を生前にされていて銀行からの借り入れが

3000万円あったとします。

 

 

定期預金の存在を知っていた相続人は

「100万円あるからこれを葬儀代

にあてようと」

と預金口座から引き出しして

被相続人の葬儀代にあててしまったとしましょう。

 

 

この葬儀代にあててしまった行為は

どうなるか?というと

相続承認をしたとみなされます。

 

 

 

よって、借り入れしていた3000万円という

ローンも承認することになり借金まみれに

なります。

 

 

とてもこわいですね。

 

 

 

被相続人が亡くなった時にまず相続人が

することは

その財産を相続をするか放棄するかの

二択です。

 

 

この選択をするためにご自身の財産を遺族が

分かってなかったらどうなるでしょう。

 

そうです。相続するか放棄するかの

判断ができないのです。

 

 

知らないと危険です。

 

よりスムーズに相続手続きを

するためにエンディングノートや遺言で

準備するのは必須です。

 

万が一の時はいつ起こるかわかりません。

できることを一つずつすることは

大切なことですね。