参考知識

遺言書のお話~その1~

弁護士の城戸です。

将来への備えとして,遺言(ゆいごん,法律用語としては,

「いごん」という言い方があります。)は大切です。

 

今日は,遺言がどのような場合に必要となるのか,というお話をします。

 

複数の兄弟がいて,兄弟仲が悪い場合,

親の遺産をめぐって争いが生じることがあります。

また,兄弟仲が悪くない場合でも,残念なことに,

遺産の分配をめぐって争いが生じたことで,兄弟仲が悪化してしまうこともあります。

 

遺産をどう分けるかで争いが生じるかもしれない場合は,

遺言を作っておくべきと考えられます。

「争族」を生まない,ということが大切ですね。

 

遺言は自分でも作成することもできますが,

専門家である弁護士等に相談されることをお勧めします。

多くのメニューを教えてもらうことで,より適切な選択が可能になるためです。

 

 

家業のある方やそれぞれの相続人の生活の状況,

今までの貢献,障害のある子の将来への手当など,

人によって大切にするべき価値は様々です。

 

 

そこで,どのような遺言の方法があるか,何ができるのか,

どのような遺言を作ればよいかということについて,

機会を捉えて,コラムで紹介していきたいと考えています。

 

お急ぎの方は,私を含め,相続を扱っている弁護士までご相談ください。