参考知識

相続において生命保険でできること 前編

皆さん、こんにちは!!

理事の松本です。

今回は私ファイナンシャルプランナーから

「相続において生命保険でできること」

を書いていきます。

 

 

 

相続における対策というのは大きく分けて3つです。

①遺産分割対策

→遺された相続人が揉めないよう公平に分担する

 

②相続税の納税資金対策

→相続税の納税資金を準備

 

③相続税軽減対策

→できるだけ相続税を少なくする対策

 

では生命保険でできることは何か

こちらは大きく分けて4つです。

 

1つ目は

「遺したい人に遺すことができる」

 

生命保険金というのは

原則「受取人固有の財産」ということで

受取人の方が受け取る生命保険金は相続財産の遺産分割の

対象外となり、遺したい方に遺すことができます。

→これは遺産分割の対策の1つのアイテムとして使えます

 

 

※著しく不公平な分配である生命保険金は場合によって

受取人固有の財産にならないことがありますのでその旨

ご注意ください。

 

 

 

 

2つ目は

「非課税枠を用いて相続の課税価格を低減させる」

生命保険は予め非課税枠が認められており

法定相続人数×500万円の

非課税枠があります。

 

法定相続人が2人だっとしたら

500万円×2人=1000万円の

非課税枠がとれます。

 

この場合

1憶円の財産があったら生命保険を活用すると

9000万円の課税価格に減らせるということです。

相続税の実効税率が20%とみると

200万円もの税金を安くする効果が得られます。

 

 

ほんと、魔法のような商品です。

 

 

生前贈与でも1000万円の相続財産を

減らそうと思ったら

年間110万円の贈与税の基礎控除を利用すると

約9~10年かかります。

 

そして亡くなるまでの持ち戻しは3年までなので

これを合わすと12年~13年もの歳月が

生前贈与だとかかるというのに

生命保険はそれを遥かに上回る節税効果を

発揮してくれます。

 

 

 

 

皆さん、このような事は

ご存知でしたでしょうか?

 

 

一つ一つ武器を駆使していけば

相続も楽になります。

 

 

残り2つの生命保険でできることは

次回後半で書いていきます。

 

 

ご一読頂きありがとうございます。